R6館報まっさき 5月号

R6 館報5月

<末中最後の大運動会>

末崎中学校(佐々木伸一校長、生徒71人)は、11日、春風薫る好天のもと大船渡中学校との統合前最後の大運動会を開催した。
生徒会の本年度のスローガンは「彩」、これは、色々工夫して魅力ある企画をしていくということと、生徒一人ひとりも個性を出して羽ばたいてほしいという願いでもある。
開会式では紅組主将佐藤英悟君と白組主将村上大悟君が「今まで取り組んできたことがしっかり出せるよう精一杯頑張り、地域の人々に感謝と元気を届けられるよう笑顔で戦い抜くことを誓います」と選手宣誓した。
(さらに…)


R6館報まっさき 4月号

R6 館報4月

<公民館始動>

★令和6年度末崎地区公民館 事業計画
1運営方針
末崎地区公民館は、時代の要請を受け、社会福祉の増進と生涯学習の推進を図るため、中央公民館、地域公民館、各種機関、団体等との連携を密にしながら、町民の自主活動を積極的に推進し、親睦・融和を図り健康で明るく安心して生活できるまちづくりに努める。
(さらに…)


R6館報まっさき 3月号

R6 館報3月

<デマンド交通を導入 >
末崎地区の公共交通

末崎地区公民館は、2月21日、ふるさとセンターにおいて、末崎地区公民館運営委員会並びに末崎町振興会代議員会を開催。「これからの末崎地区の公共交通について」市当局と協議し、デマンド交通を導入することとした。10月1日から実証実験運行の予定。
現在の路線バスは利用者が年々減少し、市が補助金を出して運行しているものの、その負担額が増加していることから、市では数年前よりデマンド交通の導入を提案してきている。
(さらに…)


R6館報まっさき 2月号

R6 館報2月

<ライドシェア>
~交通手段~

路線バスの乗車率の低下が続いている。運賃収入が減少し、運営会社の経営も厳しい状況である。従業員の待遇も改善できず運転手のなり手がいない。運転手不足にも陥っている。それゆえ運行本数を減便する措置がとられ利用者に大変な影響が出ていることが新聞等で報道されている。我が町に関わっては、昨年の暮れに県交通の陸前高田線が廃止されたことは記憶に新しい。現在碁石線が市の補助金でなんとか維持されている。それも厳しい状況におかれていることには変わりはない。
また、首都圏では、タクシー不足で夜には、利用客が長蛇の列を連ねている現状が放映され、その深刻さが伝わってくる。
そこで考えられたのはライドシェアの導入である。すでに諸外国では実施されている。
ライドシェアとは、Ride(乗る)Share(共有する)ことを意味する。一般には「相乗り」や「配車サービス」を指す。

(さらに…)


動画公開「門松づくり教室 – どこ竹まっさき に学ぶ – 」【令和5年度2023年度制作】

3.11東日本大震災で被災した大船渡市末崎(まっさき)地区公民館では、竹細工を通じてものづくりの楽しさなどを伝える「どこ竹@武蔵野三鷹・末崎グループ」による「門松作り教室」を12月に開催しています。この度、教室の開催にあたっての準備および当日の様子を取材して「①準備編」と「②教室編」を制作しました。多くの方にこの講座をご覧いただき、「門松づくり教室」の開催が日本各地に広がることを願っています。

門松づくり教室 – どこ竹まっさき に学ぶ – 【令和5年度2023年度制作】はこちら
https://www.kk2.ne.jp/kk2/biz01/kadomatsu.html


R6館報まっさき 1月号

R6 館報1月
<年頭のご挨拶> 
新年あけましておめでとうございます
町民の皆様に、謹んで慶賀のご挨拶を申し上げます。
本年が皆様にとりまして良き年になりますようお祈り申し上げます。
 さて、平穏な年であるようにと願っていたのですが、元日には、石川県能登地方を震源とする震度7の能登半島地震が発生。2日には、日航機と海保機との衝突と新年早々衝撃的な災禍に見舞われてしまいました。
 尊い命を奪われた方々のご遺族に心から哀悼の意を表しますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。
  (さらに…)


R5館報まっさき 12月号

R5 館報12月
<健康長寿のための筋肉の鍛え方その2>
館報11月号に引き続き、日本老年学会理事長で医学博士の荒井秀典先生が話している「健康長寿のための正しい筋肉の鍛え方」について、掲載します.。筋肉の衰えを「サルコペニア」、運動機能の低下を「ロコモ」(ロコモティブ・シンドローム)、心身の虚弱状態を「フレイル」と呼びます。
(さらに…)


R5館報まっさき 11月号

R5 館報11月
<健康長寿のための筋肉の鍛え方その1>
日本老年学会理事長で医学博士の荒井秀典先生は、健康長寿のための正しい筋肉の鍛え方について、つぎのように話しています。
年をとると、①筋肉量の減少や脂肪量の増加、骨密度の低下、②活動量の低下や食事摂取量の低下、③ホルモンの変化やサイトカインの増加、④神経細胞の減少などの身体の変化が起こります。
こうした変化のうち、筋肉の衰えを「サルコペニア」、運動機能の低下を「ロコモ」(ロコモティブ・シンドローム)、心身の虚弱状態を「フレイル」と呼びます。
そのうち、特に体の衰弱を「身体的フレイル」、脳の衰え(認知機能の低下、うつ)を「心理・精神的フレイル」、社会的孤立やコロナ禍による閉じこもりなどを「社会的フレイル」と言います。
(さらに…)


R5館報まっさき 10月号

R5 館報10月
<末崎小学校 百五十周年>
大船渡市立末崎小学校(校長大場江莉子)は、創立百五十周年を迎えた。心からお祝いを申し上げたい。
記念式典は執り行わないが10月28日(土)子どもたちの「学習発表会」に町内の市議会議員や地域公民館長、各種団体の代表者等をお招きして、その中で祝意を表す場を設ける予定になっている。
 校史をたどると、明治6年11月末崎学校創立。小細浦に本校、泊里に分校を置く。明治20年4月には鶴巻に本校を新築し本分校併合。村立末崎尋常小学校と称す。明治42年4月村立末崎尋常高等小学校となる。
大正9年には、現在地(山岸122番地)に新校舎を建築、移転。
昭和16年4月村立末崎国民学校と改称。昭和22年村立末崎小学校と改称(6・3制開始)。同23年12月末崎小学校父母と教師の会発足。同27年4月大船渡市立末崎小学校と改称(市制施行)、同27年10月校歌および校章の制定。同35年1月体育館兼講堂新築落成。同37年給食室完成(完全給食開始)同41年校旗制定。
同47年2月鉄筋3階建て新校舎竣工移転。同48年8月水泳プール竣工。同48年11月創立百周年記念式典挙行。
平成10年コンピュータ教室設置。同15年2月屋内運動場落成。同17年学童保育施設開設。同19年給食配膳室、プラットフォーム完成。同28年校舎の耐震補強工事完了。
(さらに…)


R5館報まっさき 9月号

R5 館報9月
<ご長寿を祝う>
末崎町の敬老会対象者の皆様、ご長寿おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。今年こそは敬老会を開催し直接祝意を申し上げたいと思っておりましたが、新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますので控えることにいたしました。
よって、敬老会対象者の皆様には、記念品(扇子)、菓子折、名簿をお届けさせていただきます。ご理解賜りたくお願い申し上げます。
令和5年度の末崎町の75歳以上の敬老会対象者は960人(男性397人、女性563人)です。最高齢者は碁石の大和田ハル子さん104歳です。次いで102歳を迎えられましたのは、峰岸の熊谷トクエさん、小細浦の武田武男さん、門之浜の田畑ミネ子さんです。また100歳になられたのは、梅神の細川ヨツ子さんです。以上100歳以上の方々は5人です。
なお、90歳代は124人、80歳代は514人、75歳から79歳の方々は317人となっておりますます。
あらためて、ご長寿の皆様には、心からお慶び申し上げます。
(さらに…)