2016「デジタル公民館まっさき」第2回活動 参加者募集スタート

今年度第2回「デジタル公民館まっさき活動」は、8月6日-7日の計画でしたが、大船渡市の夏祭りや新盆と重なるということで、1週間前倒しして7月30日―31日に行うことになりました。プログラムの詳細が詰まっていないところもありますが、新幹線や夜行バスのチケット確保もあり、霞が関ナレッジスクエアのサイトで活動スタッフ募集をはじめました。都会から8名程度訪問することにしたいと思いますが、大船渡在住、在勤の方々の協力参加いただけるとありがたいです。案内ページは下記です。

http://www.kk2.ne.jp/kk2/biz01/msk111.html/


ハネウェル居場所ハウス開設3周年感謝祭

18日(土)末崎町のコミュニティカフェ「居場所ハウス」が住民で賑わいました ハネウェル居場所ハウス3周年感謝祭が18日9:00~13:30晴天下で行われ、地元紙によると500人が参加。大盛況でした。詳細は「デジタル公民館まっさきフェイスブック」、「居場所ハウスフェイスブック」をご覧ください。臨時の無料シャトルバスが運行されたため、来場者は碁石地区~細浦地区まで末崎町内全域から参集。駐車場ではフリーマーケット、朝市コーナーでは野菜、魚介類、苗、焼きそば、フランクフルト、たこ焼き、ホタテ焼き、なべやき、焼き鳥が出展。スマイル食堂では「おちづセット:うどんとあんこ餅)、ホヤ、ラーメンなど準備、入口にはかき氷、ソフトクリーム屋さん。特設ステージでは日本民謡大賞の栄冠を誇る漆原栄美子さん(岩手県矢巾町在住)と門下生の小田代直子さん、柴波第一中学2年生で末崎町に祖父母が暮らしている佐々木深里さんが民謡を熱唱。華扇流しらさぎ会さん、さすけさんらが日本舞踊を披露した。第1回は濱守栄子さん、第2回はチンドン寺町一座に続く豪華ショーでした。P6180518 P6180519 P6180521 P6180522 P6180542 P6180570 P6180577 P6180591 P6180512


P6180508


H28館報 6月号

H28 館報6月 

新県道に伴う未整備道路の整備を要望」

末崎町復興推進委員会は6月14日第一回常任委員会を開き、現在課題となっている平地区上山防災集団移転住宅付近から末崎小学校前までの道路整備について協議した。 (さらに…)


H28館報 5月号

H28 館報5月

◇ワイワイ・ガヤガヤ まっさきに学ぶ!
避難所運営ゲーム
災害発生・避難勧告が出るとふるさとセンター、末崎小学校、末崎中学校等の避難場所には次から次へと住民が押し寄せ、避難所生活と避難所運営がはじまります。 (さらに…)


5月29日 避難所運営ゲーム(HUG)体験会を開催します

デジタル公民館まっさき5月活動のプログラムとして静岡県が開発して全国の学校や公共施設で実施されている避難所運営ゲーム(Hinanzyo Unei Game:ハグ)を行います。 (さらに…)

2016年度「デジタル公民館まっさき」第1回5月活動(28日‐29日)
活動スタッフの募集開始しました

前年度で「学びを通じた被災地の地域コミュニティ再生支援事業」(文科省・復興庁)委託事業としての「デジタル公民館まっさき」活動は終了しましたが、この間熱心に参加いただきましたまっさきの皆さまの要望、活動スタッフの心意気、末崎地区公民館の協力のもと、2013年度に戻って、霞が関ナレッジスクエアの自主事業として活動を継続しますのでよろしくお願いします。
(さらに…)

H28 館報 4月号

H28 館報4月 

★感謝状授与

昨年度をもってご勇退されました末崎地区公民館関係役員7人に対し、4月11 日
末崎地区公民館から感謝状を贈りました。
皆様、地域の融和と発展に大変ご尽力されました。心から感謝を申し上げます。 (さらに…)


新たな一歩に向けて5年間を振り返る
3月26日 2会場テレビ会議による運営協議会・活動報告会に46名
「波伝谷に生きる人びと」上映会に61名が参加

まっさき活動 報告会 霞が関ナレッジスクエア会場 3月26日(土)14時より、末崎地区公民館と霞が関ナレッジスクエアをテレビ会議システムで結び、「復興支援ITボランティア活動」と「デジタル公民館まっさき」活動の合同報告会を実施した。
(さらに…)

H28 館報3月号

H28 館報3月

トマト水耕栽培企業進出

このほど小河原地区被災跡地でトマトの水耕栽培をしたいという企業(現在岩手県紫波郡紫波町でトマトの水耕栽培をしている銀河農園)が現れた。このことについて、末崎町復興推進委員会は常任委員会で審議し受け入れることとした。 (さらに…)