R4館報まっさき 7月号

R4 館報7月
<オミクロン株「BA・5」の特徴>
7月15日、全国で10万3311人の新型コロナウイルス感染者が確認された。感染者が10万人超えるのは2月8日以来で、過去2番目の多さである。流行「第7波」の勢いに歯止めがかからない状況である。この急拡大しているウイルスはオミクロン株の「BA.5」といわれる。8月中にはほぼ100%「BA.5」に置き換わるのではないかともいわれている。「BA.5」の感染力、症状、ワクチン効果に係るNHKの資料によれば、つぎのとおりである。
東京都内の感染状況を分析した国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長は6月30日、再拡大の要因を4つ挙げた。それは、①暑さ(冷房で換気が悪い)②人出(接触機会が増加している)③免疫(感染あるいはワクチン接種しているが免疫の効果低下の人が増加している)④変異(オミクロン株BA.5に置き換わっている)である。「BA.5」はオミクロン株の一種で、2022年2月に南アフリカで確認された後5月以降、欧米を中心に広がっている。WHO(世界保健機関)によると、6月中旬の段階では、世界で検出される新型コロナウイルス全体の40%ほどを占めているという。また、アメリカの疾病対策センターによると、7月2日現在、アメリカで新たに報告された新型コロナウイルスの感染者のうち、オミクロン株の「BA.5」の割合は53.6%となっており、感染の増加に影響していると考えられている。
さらに、イギリスの保健当局の6月24日の発表によると、「BA.5」は、それまで主流であった「BA.2」と比べて、35.1%速く広がっているとみられているというのである。 続きを読む


R4館報まっさき 3月号

R4 館報3月
<津波から身を守る心得>
 16日午後11時36分、マグニチュード7.4(震度6強)の地震が発生した。震源は福島県沖、深さ57㎞。東日本大震災以来の大きな地震で沿岸地方住民を大変な恐怖に陥れた。その中で安堵したのは東京電力福島原子力発電所において放射線量に大きな影響を及ぼす事故は発生しなかったことと、大津波が襲来しなかったことである。
11日には東日本大震災から11年となり、コロナ禍の中であるが各地で追悼式が行われ、末崎町中森にある麟祥寺でも午後1時から東日本大震災物故者追善供養が執り行われた。あの日から11年経ったが今も当時の悲惨な光景が目に浮かぶ。特にも大切な人を失った人にとっては、いまも昨日のことのように感じていると思っている。
 今後このような災害にならないように11年前の経験を生かし一人の犠牲者も出さない防災に努めなければならない。
そのためには、住民一人ひとりが津波で大切な命を失わないために、適切な避難行動をとることが重要である。あらためて、その避難に当たって心得ておくべき基本的事項を列挙してみたい。これは筆者が幼少期、祖父から地震が発生するたび聞かされたことであり、今なお、脳裏に焼き付いているものである。ご参考にして頂ければ幸いである。 続きを読む


R3館報まっさき 1月号

R3 館報1月
学校統合白紙となる
大船渡・末崎地区学校統合推進協議会(会長新沼眞作)は去る12月21日に開催された第14回同推進協議会において、大船渡中学校と末崎中学校の統合を白紙にするとした。
これまで、二つの学校の統合に向けた話し合い(協議)は、これまで、大船渡・末崎地区学校統合合同協議会(3回)、同学校統合推進協議会14回の計17回行ったが合意に至らなかった。
大船渡地区と末崎地区、隣接しているものの置かれた状況(環境)は大きく違い、容易に統合することを阻んだ。まず、生徒数を比較すると大船渡中学校は末崎中学校のおよそ2倍あり、単独で存続できる状況下にあり、統合は喫緊の課題と捉えていないことである。また住民の中には、人数の多い方に従うのが当然ではないかという考えもあり、大船渡地区では末崎の生徒が来るのであれば受け入れてもいいという考えであった。 続きを読む


「りあすの丘」街びらき式典5月5日に開催
碁石地区復興まちづくり協議会

碁石地区復興まちづくり協議会(会長:大和田東江氏)では5月5日10時より「りあすの丘」中央公園にて街びらき式典を開催します。
詳細は添付資料を参照ください。但し、関係者等の都合により一部変更があるかもしれません。
りあすの丘街びらき次第


新作 イナゴも登場! 2月22日 居場所ハウスで活動報告会
どこ竹@武蔵野三鷹まっさきグループ8人が出席

2月22日、「居場所ハウス」にて「どこ竹」(どこ竹@武蔵野三鷹・まっさきグループ)の例会が開催されました。
「どこ竹」はデジタル公民館まっさきを通して立ち上げられたグループで、今日の例会にはメンバー8人全員が出席。例会の前に、メンバーのSさんがコーヒーをいれ、みなに振る舞っておられました。
例会では平成28年度の活動報告と、平成29年度の活動計画について話し合われました。
平成28年度の活動として、
・2016年5月28日に「ふるさとセンター」で開催された例会
・2016年8月7日に「居場所ハウス」で開催された夏休みもの作り教室
・2016年9月17日に小友地区コミュニティセンターで開催された竹とんぼ作成・飛ばし遊び
・2016年10月16日に「ふるさとセンター」で開催された例会
・2016年11月5〜7日に「ふるさとセンター」で開催された末崎町民文化祭への作品の出品
・2016年12月10日に開催された竹トンボリーダー実技講習会
・2016年12月11日に「ふるさとセンター」で開催されたミニ門松作り教室
について報告がありました。


平成29年度の活動としては、恒例になっている「居場所ハウス」での夏休みもの作り教室、「ふるさとセンター」でのミニ門松作り教室を開催することが確認されました。教室を開催するにあたっては、デジタル公民館まっさきのパソコン教室に参加していたメンバーにチラシ作成を依頼したいという話。
夏休みもの作り教室は、昨年はメニューが多く、作るのが途中になった子どもがいたことをふまえ、竹トンボ作りをメインにした方がよいのではないかという意見がありました。
その他の内容として、11月の末崎町民文化祭には作品を出品すること、陸前高田市の産直から作品を販売して欲しいという依頼があったことなどの話がありました。
メンバーのMさんは竹の作品の新作として作ったイナゴを持参。試しに作ってみるようにと、メンバーに材料を渡しておられました。
(文・写真 田中康裕)


H28年度(2016)「デジタル公民館まっさき」活動・・・参加者のみなさま・活動スタッフの協力により・・・当初計画 に沿う活動ができました・・・ありがとうございました

H28年度は「学びを通じた被災地の地域コミュにて再生支援事業」のうち、民間団体や任意団体を対象にした事業が終了しましたので、霞が関ナレッジスクエアを運営する一般財団法人高度映像情報センターの自主・自前事業として取り組みました。事業費は霞が関寄席の演者さんからの寄付金(2年分の木戸銭 約50万円)、篤志家の寄付10万円、まっさきの参加者の寄付3万円、財団の事業費100万円の約163万円。
以上を原資に、4回の団体活動(7人~11人)、末崎地区公民館のインターネット環境の提供、その他交流活動・事務局運営を行うこととし、
社会人参加者には1人1回約2万3千円程度の旅費を負担いただきました。3月末までのインターネット環境提供費用は残しておりますが、5月~12月の活動により、概ね計画通りに事業を実施し、事業費もほぼ支出しました。
正式な事業報告は年明けにまとめてご報告させていただきますが、年度当初、末崎地区公民館に提出した資料を一部補足してここで紹介させいていただきます。まっさきに学ぶシリーズでは、当初計画では決めていませんでしたが思い切って講演会形式からワークショップ形式にスタイルを変え、内容も本当に避難所になった場所で、避難経験者とよそ者が「避難所運営ゲーム」(5月活動)を行い、「熊本地震現場で起こっていること」(7月活動)を共に話し合いました。よそ者にとっては凄い学びの場であり、まっさきの人にとっては、3.11の体験を忘れてはならないこと、伝え続けなければならないこと、として再認識する場になったように思います。
心残りは、パソコンよろず相談事業を地域の方々同士で続けていける道筋がつくれなかったこと、末崎町の各自治会や地域公民館などにデジタル公民館活動が認知され、広がらなかったことでしょうか。

H28年度 「デジタル公民館まっさき」活動について(4月10日付 公民館提出文書)

趣旨:末崎地区公民館が、末崎町の住民や多様な立場の方々に提供したいことがたくさんあるうち、都会の公民館の霞が関ナレッジスクエアが比較的得意とすることを肩代わりさせていただくこと、同時に都会の人間がまっさきの方々とふれあうことで、都会では得られないものをいただき、個人の人生や職場や地域の活動に活かさせていただく、という活動。
目的:国や県・市など行政の手が回らないところで、できるところは、末崎地区公民館、霞が関ナレッジスクエアという現場同士が、住民や市民の協力も得て、協働でとり組み、活動実績をつくり情報公開する。

主な活動内容 
1 ITボランティア活動
①住民やリーダー公民館の方々のICT活用の支援
 生活、趣味、業務、復興・コミュニティ再生活動に活用していただくパソコンやインターネットのお困りごとの相談、技能の習得、まっさきのメンバーと都会のメンバーによるネットによる交流   
②パソコン・インターネットよろず相談という交流の場づくり
 時々現れる都会の人間と、あれこれたわいもないことを話して、くつろげる、公民館の場づくり。
→これに際して、都会からIT支援スタッフを組織化して毎回訪問します。
→公民館にインターネット・無線LAN・パソコン環境を提供し、デジタル公民館の活動時だけでなく、日常的に使える住民利用パソコ
ン(2台)や職員のパソコンからのインタネット接続が可能です。
→「デジタル公民館まっさき」のホームページを運営して、「館報まっさき」のデジタル版の公開、施設予約状況案内、活動報告、まっさきの地域情報などを発信します。

2  学びと交流活動
 気仙に学ぶ!、まっさきに学ぶ!というキャッチフレーズで、都会から行く人間とまっさきの方々が、一緒に話を聞く場、学ぶ場を設け、地域の暮らしや文化について、復興についてなど、公民館の学びと交流の活動を継続する。講演内容は映像コンテンツとして公開中
   これまでの登場していただいた主な語り部
    ・大和田東江さん(碁石地区復興まちづくり協議会)
    ・熊谷君子 さん(末崎町サポートセンター)
    ・大和田弘樹さん (海さんぽ 常務)
    ・石木 幹人さん(陸前高田病院 前院長・リハビリテーション科長)
    ・金野 靖彦さん(酔仙酒造 会長)
    ・志田 仁 さん (大船渡市市民活動支援センター)
    ・滝田 松男さん(市議会議員)
    ・村上 誠二さん・村上陽子さん(長洞元気村事務局長・などしこ会事務局長)
    ・志田 豊繁さん(大船渡温泉オーナー)
    ・滝田 有さん (滝田医院院長・一般社団法人未来かなえ機構代表理事)
    →28年度も、登場していただきたい方を思案中です。ご推薦ください。

3 地域活動・つながりづくり活動
①碁石地区の方々、東京文化財研究所とのコラボレーション「ごいし民俗誌」勉強会。
→地域の暮らしや祭り、郷土のアイデンティティを思い起こし、まちづくりに繋げる勉強会
②どこ竹@武蔵野三鷹竹とんぼチーム、まっさき竹とんぼグループ、居場所ハウスなどとのコラボレーション「竹とんぼ講師養成講座」「竹とんぼ飛ばし競争」「ミニ門松づくり」「夏休みものづくり教室」
→シニア男性の地域の出番、役割づくり。地域の女性とのコラボレーション、都会のシニアチームとの交流。
③居場所ハウスとのコラボレーション「ふれあいキッズデーin居場所ハウス」
「紙芝居と竹とんぼ教室」「ミズキ団子づくり」「クリスマスキッズデー」「郷土末崎町歴史を学ぶ」「夏休みものづくり教室」
→縦横斜めの多世代交流。楽しい地域づくり。公民館とコミュニティカフェの連携。
④主に都会の人間がまっさきの自然や暮らし、復興状況などの現場を視察体験する活動。これにまっさきの方も参加いただき交流を深めたい
→末崎町の交流人口の増加、関係者人口の増加に向けて

⑤「ふれあい まっさき映画館」昔は公民館や学校が映画館だった。
25年度 「1000年の山古志」「医す者として」
26年度 「永遠のゼロ」、「夢は牛のお医者さん」
27年度 「公民館」「波伝谷に生きる人びと」等を上映してきました。
⑥末崎町民文化祭 参加活動
文化祭に出展し、活動の様子を紹介してきました。27年度は神坂熊野神社式年大祭の写真展示・配布やDVD上映を行い、たくさんのみなさんに喜ばれました。今年も中森熊野神社の式年大祭に参加した結果を文化祭に提供できればと考えています。

28年度のテーマ
パソコン・インターネットよろず相談活動分野で、まっさき地域、大船
渡市内などに一緒に活動していただける人たちのチームをつくりたい
①ふれあいキッズデー 
→26、27年度は、熊谷君子さん、菊池則子さん、田畑美和さん・・・たちがチームを組んで一緒にやってきて、居場所ハウスの事業にシフトされてきた。
②竹とんぼ・竹細工活動 
→村上正吉さんがリーダーで引っ張っているまっさき竹とんぼグループさんに加え、27年度はふれあいキッズデーの女性メンバーが協力して事業を企画運営するスキームができてきた。
③パソコン・インターネットよろず相談
①②のようにまっさき側に企画・運営のパートナーができていない。
自分たちもやるから東京からも来て一緒にやって、・・・・という、公民館スタッフ・関係者、住民などによる「まっさきチーム」「まっさきグループ」を今年はつくりたい。これなくして継続は厳しい。
 
28年度の団体活動のスケジュール
   第1回  5月21日(土)‐22日(日)もしくは28日(土)―29日(日)
       5月末で開催調整している霞が関ナレッジスクエア側の重要事
業との関係で調整により近日確定へ。→28日‐29日で実施
   第2回  8月6日(土)-7日(日)→7月30日‐31日で実施
        *7日 午前(9:30~12:00)夏休みものづくり教室 連携
   第3回  10月15日(土)‐16日(日)
        *15日中森熊野神社式年大祭見学・撮影・発信等
   第4回  12月10日(土)‐11日(日)
        *11日午前 ミニ門松づくり連携
  その他  夏休み物づくり教室 8月9日(日)
       まっさき竹とんぼグループ・居場所おおたすけたい・居場所ハウス・デジタル公民館まっさきの連携協力事業
末崎町民文化祭 展示・上映活動 11月4日-6日
展示発表会会場でのお祭りのビデオ上映、写真展示など

   当初計画上の団体活動は以上です。文・霞が関ナレッジスクエア事務局(丸山)
  


「門中組虎舞」を世界に情報発信
10月活動スタッフがフォトコンテストに応募

リンク

早稲田大学国際コミュニティセンターが開催中の異文化体験のフォトコンテスト(フェイスブック上で開催)に、「デジタル公民館まっさき」の学生スタッフ・関根ハンナさん(早稲田大学4年生)が熊野神社式年大祭で奉納された「門中組虎舞」の写真を応募しました。このコンテストに参加することは世界に情報発信していることになります。みなさん応援してください。「いいね」が多い写真に賞が授与されるということですので、みなさん「いいね」よろしくお願いします。「コメント」も投稿できます。世界に情報発信しましょう。「シェア」して知り合い・友達に拡散してください。


熊野神社式年大祭DVD上映と写真に賑わう
11月4日~6日 第21回末崎町民文化祭

11月4日(金)~6日(日)、折からの快晴と穏やかな気候の中、第21回町民文化祭が開かれ、展示部門会場のふるさとセンター(和室、体育館)、舞台部門会場の末崎中学校体育館は、幼児からお年寄りまで多くの人で賑わった。
「デジタル公民館まっさき」活動でも第19回から展示会場に特設ブースを設けて活動のPRや「まちおもいフォト」(スライドショー)用の笑顔とメッセージ写真の撮影などで参加、文化祭の盛り上げに尽力してきました。昨年は神坂熊野神社式年大祭(10月31日開催)の収録映像を上映、写真プリントの展示をしたところ、これが大好評で、デジタル公民館ブースは人だかりができました。
これに気を良くしたことから、今回も、さる10月15日に行われた中森熊野神社の式年大祭のDVD上映と写真コピーを展示、併せてパソコンよろず相談や5月活動で実施した避難所運営ゲーム(HUG)の活動を紹介する展示などを行い、来館された方々に楽しんでいただきました。
村上正吉代表のまっさき竹とんぼグループの展示ブースでも、竹とんぼやバランスとんぼ、虫、ひよこなどの作品展示に加え、昨年のミニ門松づくりと夏休み物づくり教室の活動写真を掲示し、12月11日に実施する「ミニ門松づくり」のチラシ配布したところ、「参加したい」という親子がたくさん居られ、PR効果は大でした。
今回ブースへ立ち寄っていただいた方々に簡単なアンケートを調査させていただきましたが、2日間で47人の方にご協力いただきました。普段のデジタル公民館活動の場合は、50代以上の方の参加が多いのですが、保育園児や小・中学生も絵画や書道を展示している関係で、保護者の30代~40代の方々も多数来館し、子どもと一緒にデジタル公民館ブースに立ち寄っていたきました。わが子や子どもの同級生、友達、近所の子供やお年寄りが映っている写真や映像を手にして楽しそうでした。お母さんや子どもたちに喜んでもらえる文化祭活動、よそ者活動スタッフとしても感無量でした。
ただ、一昨年、昨年と比べると、展示部門、舞台部門とも来館者はだんだん減少しているように思います。
実行委員会の非公式コメントでは、
・展示部門 約800点、来館者約600名
・舞踊部門 出演:17個人・チーム 観客 約300名(出演者含む・椅子席200)

●デジタル公民館まっさきブース
・熊野神社式年大祭DVD(37分)上映
・梅神組・小河原組・門中組・西舘組・碁石組・山根組・三十刈組・・・各写真ファイル展示
・神事・神輿行列・開場渡御・西舘組練習風景・奉納舞・・・・などの写真掲示
・パソコンよろず相談・避難所運営ゲーム・熊本意見交換会・まちおもいトーク・・・等の活動風景の写真掲示
・年賀状用写真プリントのデモ

●ブース準備・運営
菊池則子、村上征一、葛西章広、丸山修

<末崎町民文化祭実行委員会pb050023

pb050025

pb060216作業データ>
第21回末崎町民文化祭では、実行委員会(委員長:新沼眞作地区公民館長)の作業チームは準備作業時、撤去作業時とも17地域公民館に各2名の作業員の拠出を依頼。下記スケジュールで取り組む。
11月3日 大船渡東高校 パネル
 10:00~12:00 パネル運搬 大船渡市東高校
パネル柱運搬 カメリアホール
 14:00~16:00 ふるさとセンター和室、体育館にパネルとテーブルによる展示スペー
ス設営
          末崎中学校体育館 発表会場 設営 椅子席200席
16:00~17:00 展示作品搬入・展示
11月4日(金)
 9:00~11:00 展示受付
 12:00~16:00 展示会場(和室・体育館)オープン
11月5日(土)
 9:00~16:00 展示会場(和室・体育館)オープン
11月6日(日)
 9:00~12:00 ふるさとセンター展示会場オープン
 9:30~12:00 末崎中学校体育館 舞台部門発表会
 12:00~13:00 展示会場撤去
 13:00~15:40 パネル、柱 返却 三陸公民館
 16:30 ふるさとセンターにて解散pb050103

pb050105

pb060227

pb060229

pb060219

pb060231

末崎町民文化祭アンケート結果はこちら


10月15日 中森熊野神社式年大祭 スケジュール  
祭り組奉納と神輿の曳航、華やかに厳かに 

4年ぶりの式年大祭。前回は泊里漁港が被災して利用できなかったため、神輿の曳航を門之浜漁港で行ったが、今回は熊野神社下の泊里漁港から曳航となる。以下のタイムチャートは概略。末崎地区公民館、西舘地域公民館の把握情報です)

p9271410

p9271409

%e8%a5%bf%e8%88%98%e7%b5%84%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e4%b8%83%e7%a6%8f%e7%a5%9e%ef%bc%92

%e3%81%8a%e7%a5%ad%e3%82%8a%e6%9b%b3%e8%88%aa%ef%bc%91

5:00~7:00 各祭り組 準備
7:00  各集落(地域公民館)出発
(小河原、梅神、門之浜・中井、西舘、三十刈、山根、碁石)

7:30~7:40p9271411  熊野神社 祭り組挨拶・受付
到着順に受付、周辺で各祭り組がそれぞれ伝統芸能を披露

7:40~8:40 伝統芸能奉納
各祭り組が順番に、虎舞、七福神などを奉納

9:00 行列呼び出し
境内より泊里漁港 泊里浜へ 行列
神輿3台(熊野神社2台、八幡神社1台)、これに各祭り組が山車を先頭に続き、御旅所で休む

10:30~11:00 泊里漁港から神輿の曳舟・海上渡航
先導、神輿、御供、役員(総代)海上保安庁等8-9隻が熊野神社発祥の由来にあるオクサレ島、碁石浜沖、恵比寿浜沖、灯台付近回って泊里漁港へ戻る。
泊里浜広場では、各祭り組が住民に奉納芸を披露
12:00 泊里漁港 下船 旅所へ

12:00~14:00 昼食&各祭り組の奉納芸の披露
泊里浜ので各祭り組がランチ。併せて住民に奉納芸を披露。

14:00 神社へ出発
神輿を先頭に浜の広場から熊野神社社殿に向けて出発

15:00 神輿を神社に奉納
神社に神輿が奉納され、各祭り組は境内で舞納め。それぞれの集落へ向かう

15:30~16:00 地域公民館着・舞納め

写真は「西館の祭りは世代を越えて 熊野神社式年五年大祭の記録」(平成25年10月31日 西舘公民館発行/東京文化財研究所無形文化遺産部監修/撮影 俵木 悟氏、森本 孝氏 より)